株式会社橋詰建設

  • 問い合わせ電話番号0266-27-9275
  • ご相談・お問い合わせ

ZEHへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、断熱性能や設備の省エネ性能を向上させ、太陽光などの再生可能エネルギーの活用によって、年間の一次エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロまたはマイナスにする住宅のことです。 政府では2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までにすべての新築住宅の平均でZEHを目指すことを目標として掲げています。また、ZEHを普及・促進させるための支援を行っています。

橋詰建設のZEH事業計画

橋詰建設では、平成32年度までにZEH(Nearly ZEHを含む)住宅の普及率を55%とすることを目標としています。

※ 平成28年度 橋詰建設は注文住宅において、ZEH受託率が10%となり、当初の目標を達成しました。

また、橋詰建設ではZEH普及に向けて、ホームページや広告、見学会等でZEHの周知を図っていきます。

Nearly ZEH…

住宅の省エネ性能は同等ですが、ZEHほどの再生可能エネルギー(太陽光発電など)を設けられない場合を意味します。

ZEHビルダーとは

受注する住宅のうちZEH(ゼロエネルギーハウス)の割合が平成32年度までに50%以上を目標とする住宅会社をいいます。一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録することで、ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業における「平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金」の交付要件とされる住宅会社です。登録されたZEHビルダーはSIIのホームページで公表されております。

http://sii.or.jp/zeh28/builder/search/

橋詰建設のZEHの家づくり

太陽光発電システムによる自給自足の家

家庭内で使用する電気はすべて自然エネルギーである太陽光を有効利用することで省エネに貢献。さらにオール電化住宅にすることでZEHを実現いたします。もちろん自然環境にも配慮したやさしいクリーンエネルギーです。

断熱性能の高い家

天然無垢材はシックハウス対策になるだけでなく、調湿作用もありますので断熱性能の高い床・壁断熱材と併用することで冷暖房の使用を抑える効果があります。最も熱損失の多い窓には高性能サッシを使用することで省エネ効率をさらに向上させます。

自然環境を生かした(パッシブな)家

風通しをよくする開放的な間取り、設計の工夫など自然の風や太陽の光、熱を生かした手法で高温多湿な夏や寒さの厳しい冬でも快適に過ごせるパッシブな家づくりで省エネに貢献いたします。

省エネ効果の高い住宅設備

家庭内でのエネルギー消費を抑えるために空調や照明、給湯など省エネルギー効果の高い設備を導入いたします。長寿命なLEDをはじめ効率的な冷暖房機器などの設置でZEHを実現いたします。

ページトップへ